このエントリーをはてなブックマークに追加


シェルでランダム値を使用する

bash, zshでは、$RANDOMに乱数が格納されています。
以下、bashを利用してランダム値(乱数)の使用方法について記述します。
(zshでの動作は未確認です)


スポンサーリンク

RANDOM変数の説明

bashでは、以下のように$RANDOM変数にランダムな値が格納されています。
以下、man bashをしRANDOMについて記述されているところの抜粋です。

RANDOM このパラメータが参照される度に、 0 から 32767 までのランダムな整
       数が生成されます。 RANDOM に値を代入すると、乱数の列を初期化でき
       ます。 RANDOM を unset すると、この変数の特殊な性質は無くなります。
       後で再び set しても元には戻りません。

したがって、端末からechoコマンドを利用し$RANDOMを表示すると以下のようになります。
表示される値は、man bashに記述されているように0から32767までの乱数になります。

$ echo $RANDOM
25480

10回$RANDOM値を表示してみてランダムな値になっていることを確認しました。

$ for i in `seq 1 10`; do echo RANDOM : $RANDOM; done
RANDOM : 2596
RANDOM : 15051
RANDOM : 16521
RANDOM : 20035
RANDOM : 25756
RANDOM : 22570
RANDOM : 23602
RANDOM : 14320
RANDOM : 2425
RANDOM : 29152

範囲を指定した乱数値を取得したい(例 0~99)

例えば0〜99までのランダムな値を取得したい場合は、以下のようにすれば実現できます。
乱数$RANDOMを100で割り、余りの値を取得します。(割り算をして余りを取得しているので0〜99となります)

RND=`expr $RANDOM % 100`
echo $RND

実際に10回ループさせて0〜99までのランダム値を取得してみます。

$ for i in `seq 1 10`; do echo RANDOM ${i} : `expr $RANDOM % 100`; done
RANDOM 1 : 90
RANDOM 2 : 30
RANDOM 3 : 28
RANDOM 4 : 24
RANDOM 5 : 35
RANDOM 6 : 93
RANDOM 7 : 45
RANDOM 8 : 9
RANDOM 9 : 10
RANDOM 10 : 78

以上、bashで提供されているRANDOM変数を利用した乱数取得の説明でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:27:04 (1216d)