このエントリーをはてなブックマークに追加


Javaの開発環境をUbuntuにインストールする方法

本記事は、CentOSにaptコマンドを使用してJavaの開発環境(JDK)をインストールする方法を記します。 使用したOSのバージョンは、Ubuntu12.04になります。


スポンサーリンク

関連記事

UbuntuにJDKをインストールする

Ubuntu12.04にJDKをインストールする前にjavaソースをコンパイルするjavacコマンドを端末で実行してみると以下のメッセージが表示されます。

sakura@ubuntu1204:~$ javac
プログラム 'javac' は以下のパッケージで見つかりました:
 * default-jdk
 * ecj
 * gcj-4.6-jdk
 * openjdk-6-jdk
 * gcj-4.5-jdk
 * openjdk-7-jdk
次の操作を試してください: sudo apt-get install <選択したパッケージ>
sakura@ubuntu1204:~$ 

上記のメッセージで確認できるように、openjdk-6-jdkとopenjdk-7-jdkをインストールすることができます。
本資料ではopenjdk-7-jdkをインストールしてみます。
また、openjdk-6-jdkとopenjdk-7-jdkの両方をインストールした場合の対処も記述してあります。

apt-cacheコマンドでopenjdkを探してみる

上記のメッセージで既にパッケージ名は確認できていますが、apt-cacheコマンドでも試してみた結果です。
ドキュメントやデモなどのパッケージも存在することが確認できます。

sakura@ubuntu1204:~$ apt-cache search openjdk
icedtea-6-jre-cacao - Alternative JVM for OpenJDK, using Cacao
icedtea-6-jre-jamvm - Alternative JVM for OpenJDK, using JamVM
icedtea-6-plugin - web browser plugin based on OpenJDK and IcedTea to execute Java applets
libreoffice - office productivity suite
default-jdk - Standard Java or Java compatible Development Kit
default-jre - Standard Java or Java compatible Runtime
default-jre-headless - Standard Java or Java compatible Runtime (headless)
default-jdk-doc - 標準的な Java または Java 互換の開発キット (ドキュメンテーション)
openjdk-6-dbg - OpenJDK ベースの Java ランタイム (デバッグシンボル)
openjdk-6-demo - OpenJDK ベースの Java ランタイム (デモおよびサンプルファイル)
openjdk-6-doc - OpenJDK Development Kit (JDK) documentation
openjdk-6-jdk - OpenJDK Development Kit (JDK)
openjdk-6-jre - OpenJDK Java ランタイム - Hotspot JIT 版
openjdk-6-jre-headless - OpenJDK Java ランタイム - Hotspot JIT 版 (ヘッドレス)
openjdk-6-jre-lib - OpenJDK Java ランタイム (アーキテクチャ非依存ライブラリ群)
openjdk-6-source - OpenJDK Development Kit (JDK) source files
freemind - Java Program for creating and viewing Mindmaps
icedtea-7-jre-jamvm - Alternative JVM for OpenJDK, using JamVM
icedtea-7-plugin - web browser plugin based on OpenJDK and IcedTea to execute Java applets
jtreg - Regression Test Harness for the OpenJDK platform
openjdk-7-dbg - Java runtime based on OpenJDK (debugging symbols)
openjdk-7-demo - Java runtime based on OpenJDK (demos and examples)
openjdk-7-doc - OpenJDK Development Kit (JDK) documentation
openjdk-7-jdk - OpenJDK Development Kit (JDK)
openjdk-7-jre - OpenJDK Java runtime, using Hotspot JIT
openjdk-7-jre-headless - OpenJDK Java runtime, using Hotspot JIT (headless)
openjdk-7-jre-lib - OpenJDK Java runtime (architecture independent libraries)
openjdk-7-jre-zero - Alternative JVM for OpenJDK, using Zero/Shark
openjdk-7-source - OpenJDK Development Kit (JDK) source files
uwsgi-app-integration-plugins - plugins for integration of uWSGI and application
uwsgi-plugin-jvm-openjdk-6 - Java plugin for uWSGI (OpenJDK 6)
uwsgi-plugin-jwsgi-openjdk-6 - JWSGI plugin for uWSGI (OpenJDK 6)
openjdk-6-jre-zero - Zero/Shark を用いた OpenJDK 用の代替 JVM
icedtea-7-jre-cacao - Transitional package for obsolete Cacao JVM for OpenJDK
sakura@ubuntu1204:~$ 

openjdk-7-jdkのインストール

本記事では端末を起動しapt-getコマンドでopenjdk-7-jdkをインストールしました。
GUI操作の場合は、Ubuntuソフトウェアセンターを起動し検索窓にopenjdk-7-jdkと入力すれば表示されます。
以下は端末からopenjdk-7-jdkをインストールするときのコマンドです。

sudo apt-get install openjdk-7-jdk

以下は上記コマンドを実行したときの出力です。
Yボタンを押してEnterキーを押せばopenjdk-7-jdkに必要なパッケージも含めてインストールされます。
エラーが出た場合は、メッセージに従ってください。(sudo apt-get updateなどが指示されます。)

sakura@ubuntu1204:~$ sudo apt-get install openjdk-7-jdk
[sudo] password for sakura: 
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下の特別パッケージがインストールされます:
  ca-certificates-java icedtea-7-jre-jamvm java-common libatk-wrapper-java libatk-wrapper-java-jni libgif4 libice-dev libpthread-stubs0
  libpthread-stubs0-dev libsm-dev libx11-dev libx11-doc libxau-dev libxcb1-dev libxdmcp-dev libxt-dev openjdk-7-jre openjdk-7-jre-headless
  openjdk-7-jre-lib ttf-dejavu-extra tzdata-java x11proto-core-dev x11proto-input-dev x11proto-kb-dev xorg-sgml-doctools xtrans-dev
提案パッケージ:
  default-jre equivs libxcb-doc openjdk-7-demo openjdk-7-source visualvm icedtea-7-plugin sun-java6-fonts ttf-telugu-fonts ttf-oriya-fonts
  ttf-kannada-fonts ttf-bengali-fonts
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  ca-certificates-java icedtea-7-jre-jamvm java-common libatk-wrapper-java libatk-wrapper-java-jni libgif4 libice-dev libpthread-stubs0
  libpthread-stubs0-dev libsm-dev libx11-dev libx11-doc libxau-dev libxcb1-dev libxdmcp-dev libxt-dev openjdk-7-jdk openjdk-7-jre
  openjdk-7-jre-headless openjdk-7-jre-lib ttf-dejavu-extra tzdata-java x11proto-core-dev x11proto-input-dev x11proto-kb-dev
  xorg-sgml-doctools xtrans-dev
アップグレード: 0 個、新規インストール: 27 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
69.1 MB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 109 MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]? 

JDKインストール後の確認

JDK(javac)がインストールされているか端末上で確認してみました。

sakura@ubuntu1204:~$ javac -version
javac 1.7.0_15

複数バージョンのJDKをインストールしてしまった場合の対処

本記事を作成した時点ではopenjdk-6-jdkとopenjdk-7-jdkが提供されています。(提供されていました。)
上記インスール手順でopenjdk-7-jdkをインストール後、openjdk-6-jdkをさらにインストールした場合の対処方法を以下に記します。

  1. 既にopenjdk-7-jdkインストール済みのUbuntu12.04環境にapt-getコマンドでopenjdk-6-jdkをインストールしjavacのバージョンを確認してみます。
    sakura@ubuntu1204:~$ sudo apt-get install openjdk-6-jdk
    
    <省略>
  2. javacのバージョンが1.6になっています。
    sakura@ubuntu1204:~$ javac -version
    javac 1.6.0_27
  3. update-alternativesコマンドによりインストールされているjdkを切り換えることができます。
    update-alternativesの記事: 複数バージョンがインストールされているプログラムの切り替え・update-alternatives
     
  4. update-alternatives --config javac コマンドを実行します。
    以下の出力の通り、自動モードでは、java-6-openjdk になっているのが確認できます。
    sakura@ubuntu1204:~$ update-alternatives --config javac
    alternative javac (/usr/bin/javac を提供) には 2 個の選択肢があります。
    
      選択肢    パス                                      優先度  状態
    ------------------------------------------------------------
    * 0            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk-i386/bin/javac   1061      自動モード
      1            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk-i386/bin/javac   1061      手動モード
      2            /usr/lib/jvm/java-7-openjdk-i386/bin/javac   1051      手動モード
    
    現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 
     
  5. 上記の出力の通り、java-7-openjdkに変更したい場合は2を押してEnterキーを押せば使用するJDKのバージョンを切り換えることが簡単にできます。
    尚、上記の操作ではsudoを使わなかったため、2を押しても以下のようにエラーが発生します。
    <省略>
    現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 2
    update-alternatives: /usr/bin/javac (javac) を提供するために 手動モード で /usr/lib/jvm/java-7-openjdk-i386/bin/javac を使います。
    update-alternatives: エラー: シンボリックリンク `/etc/alternatives/javac.dpkg-tmp' の作成中にエラーが発生しました: 許可がありません
    よって、以下のようにsudoをつけて再度update-alternativesコマンドを実行してください。
    sudo update-alternatives --config javac
  6. 以下、sudoをつけてsudo update-alternatives --config javacコマンドを実行した時の結果です。
    sakura@ubuntu1204:~$ sudo update-alternatives --config javac
    alternative javac (/usr/bin/javac を提供) には 2 個の選択肢があります。
    java-7-openjdkに変更しjavacのバージョンを確認しています。
      選択肢    パス                                      優先度  状態
    ------------------------------------------------------------
    * 0            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk-i386/bin/javac   1061      自動モード
      1            /usr/lib/jvm/java-6-openjdk-i386/bin/javac   1061      手動モード
      2            /usr/lib/jvm/java-7-openjdk-i386/bin/javac   1051      手動モード
    
    現在の選択 [*] を保持するには Enter、さもなければ選択肢の番号のキーを押してください: 2
    update-alternatives: /usr/bin/javac (javac) を提供するために 手動モード で /usr/lib/jvm/java-7-openjdk-i386/bin/javac を使います。
    sakura@ubuntu1204:~$ javac -version
    javac 1.7.0_15

以上、UbuntuにJDKをインストールする方法でした。


スポンサーリンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:28:43 (1214d)