このエントリーをはてなブックマークに追加  
 Yahoo!ブックマークに登録

rpmファイルからファイルを取り出す

rpm2cpioコマンドを利用するとrpmパッケージファイルをcpio形式に変換することができます。
rpm2cpioとcpioコマンドを併用することによりファイルを取り出すことができます。


スポンサーリンク

rpm2cpioとcpioコマンドの使い方

phpのrpmファイルを例としてrpmファイルからファイルを取り出す作業を以下に記します。

rpmパッケージ内のファイルを全て展開する

以下のコマンドにより、rpmパッケージ内のファイルを展開することができます。

rpm2cpio rpmパッケージファイル | cpio -id

vオプションを追加すると、展開したファイルが出力されます。

rpm2cpio rpmパッケージファイル | cpio -idv

rpmパッケージ内のファイル一覧を表示する

rpm2cpio rpmパッケージファイル | cpio -t

rpmコマンドで確認することもできます。

rpm -qpl rpmパッケージファイル

rpmファイルから特定のファイルのみ展開する

rpm2cpio rpmパッケージファイル | cpio -id 抽出するファイル名

vオプションを追加すると、展開したファイルが出力されます。

rpm2cpio rpmパッケージファイル | cpio -idv 抽出するファイル名

src.rpmパッケージから特定のファイルを取り出す

rpmのspecファイルなどを抜き取りたい場合は以下のようにします。
例として、phpのsrc.rpmパッケージを利用してみます。 尚、このphpパッケージはCentOSのパッケージをダウンロードしました。
参考資料:CentOSのsrc.rpmパッケージを取得する

$ rpm2cpio php-5.1.6-27.el5_5.3.src.rpm | cpio -t | grep spec
18637 blocks
php.spec
$ rpm2cpio php-5.1.6-27.el5_5.3.src.rpm | cpio -idv php.spec
php.spec
18637 blocks
$ ls -l php.spec 
-rw-r--r-- 1 sakura sakura 45197  7月 25 20:00 php.spec
 

スポンサーリンク

 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-03-20 (金) 22:28:08 (674d)